女性からの返信率を上げる方法とは

メールを返信してもらうには

出会い系にせっかく会員登録したのに全く返事が来ないという悩みを抱えている男性は非常に多いです。

男性も女性もお互いに出会いを求めているのに、なぜこんなに情熱に差が生じてしまうのでしょうか。

男性から来るメールに返信できないのではなく、返信したくてもできないというのが正しいです。

その現実を知らずにメッセージを送り続けても、返信してもらえないので意味がありません。

当サイトでは、女性が男性に返信できない細かい理由と、なるべく返信されやすいコツを解説していきたいと思います。

例えば、これはとある出会い系サイトを利用した人の話ですが、顔写真を載せてプロフィールを完成させたとたんに30通以上ものメールが男性から送られてきたそうです。

さすがに多すぎるメッセージが届いたのでプロフィールを変更したそうですが、それでも20通以上届いたそうです。

出会い系サイトにおいては、女性は貴重な存在として男性からのお誘いが殺到します。

もしあなたが女性だったとして、毎日50通以上も送られてくるメールに返信できるでしょうか。

一通当たりのメールを数分で終わらせたとしても2時間以上かかるのですが、これを好きでもない初対面の男性相手にやるでしょうか。

私が女性だったらそんなことはせず、自分のタイプの人に自分のことをアピールするとおもいます。

これが当記事の最初の方で述べた、男性になぜ返信しにくい状況なのかということです。

女性が男性から送られてくるメールの多さに返信させる気力も時間もなくさせてしまっているということです。

なので、出会い系において女性から返信してもらえる確率を上げるには、まずは女性の目にとまる必要があります。

ファーストメールの書き方

出会い系サイトにおける女性の置かれた状況を考えれば、何通も雑なメールを送ろうとは思いませんよね。

ではいったいどういうメールを送れば女性から返信してもらえるのでしょうか。

自己紹介する

ありきたりですが、まずは自己紹介をしないと相手にしてもらえる可能性が低くなります。

好印象を持ってもらうには、自分の名前を本名で伝えると言うことがあります。

相手に本名を伝えることにより、相手に信用感を持ってもらえますし、同時に好感度ももってもらうこともできます。

さらに、女性と仲を深めていくときに、お互いの名前を呼び合ったり、ため口でしゃべり合ったりすることによりよりいっそう仲良くなれると思います。

そのために、先に自分の名前を知ってもらうことで、自分のことは○○ってよんでね!と伝えることができます。

なぜその女性にメールを送ったのか

初心者の人はよくファーストメールで、プロフィールがタイプでした!みたいな簡単なメールを送ってしまいがちですが、これはだめな例です。

プロフィールのどこの部分が気になったのかを具体的に書くことによって、他の人よりも優位に立つことができますし、相手の印象にも残って返信してもらいやすくなります。

まずは相手の女性の自己紹介から、なぜ気になったのかを具体的に書くようにしましょう。

具体的に何が気になったのかを書くときは、職業などがよく話題にしやすいですが、他の人も話題にしているので、あまり相手の心に残ることは少ないでしょう。

なので、ここでは拾える限り相手の情報を拾って、なにが相手の心に響くのかを書くようにしましょう。

もしプロフィールなどから、相手の心に響くようなネタを拾うことができなかったら、画像などからもひらめきを得ることができます。

肌が綺麗だとか、服のセンスがいいだとか、普段言われないようなことをあえていってあげることにより、すごく喜んでもらえますし、相手の印象に残って返信してもらいやすくなります。

もし相手の自己紹介などから話のネタを拾えなかったら、相手の画像をみたときに、インスピレーションを感じた!なんてのも相手の印象に残りやすい話題になります。

メールの最後の文章

以外と皆さん適当に書いてしまっているのが、メールの最後の相手の返信につながる一行です。

よかったらメールしましょうとか、メール待ってますとか、一般常識的な言葉としては普通ですが、出会い系サイトの使い方としてはあまりよくありません。

なぜなら、こういった適当な言い回しで最後の一行を占めると、女性側の心に響かずに返信しようという気にならないからです。

女性がわからしたらメールの内容も重みがなくてなんてことないメールだし、なんでこんなやつにメールを返信しなきゃいけないのかと思われてしまうでしょう。

また人間というのはあまり他人に興味がなく、自分がどれだけ褒めてもらえるかに意識が集中しています。

なので、ものすごい凝った文章を送ることによって、相手に自分の真剣さや、どれだけあなたのことを思っているかを感じてもらえます。

こういった感じで相手の心を揺さぶることにより、ファーストメールの返信率を格段に高めることができます。

ファーストメールは簡潔に書く

出会い系サイトのテクニックとしてファーストメールはなるべく長めの文章で相手のことを褒めるみたいなことが書いてありますが、それは間違ったテクニックだといえるでしょう。

長文メールに返信してくれるということは出会いやすい女性と言うことですから、フィルターの役割にはなりますが、そもそもたくさんの女性に送らなければならないので効率が悪いテクニックだといえるでしょう。

そもそも長文メールに返信し照れる女性よりも、ぱっとみの見た目で文章が長いだけで読んでもらえる可能性が低くなります。

そもそも、ファーストメールというのはたくさんの女性に送る必要がありますが、一通一通すべてにこれだけの時間をかけていたらどれだけ時間が合っても足りません。

ファーストメールの文章は短くても長くてもだめで、シンプルに複雑にならないように、言いたいことを簡潔にまとめることが大切です。

出会い系サイトのメールテクニック

ファーストメールのテクニックと併せて、出会い系でのメールのやりとりでは、以下のようなコツがあります。

どれも言われてみれば当たり前のことを書いていますが、その当たり前のことをごく自然に実践できる人が出会いの確立をあげることができます。

なので、ここで他のライバルたちを出し抜くためにいろいろなテクニックを身につけていってください。

丁寧な口調でメールを書く

丁寧な口調と言ってもお客様みたいな感じに扱う必要はありません。あくまでも男女の間の丁寧さでかまいません。

今のこの記事内容くらいの口調で十分です。

もちろんですが、お互いの仲がよくなってきて、徐々にため口なども取り入れていけばさらに仲良くなれると思いますが、最初は謙譲語や丁寧語を使うようにしましょう。

そもそも一般社会常識的な礼儀の言葉遣いもできないような人は、返信もしてもらいにくくなるので、言葉遣いというのはリアルな社会でもネット社会でもとても重要です。

なので、少なくともお互いの距離感が縮まるまでは、丁寧で親しみの持てる言葉遣いを心がけるようにしましょう。そうすることにより、相手に尊敬してもらいやすくなります。

貼り付けはしない

ファーストメールからやってはいけないことは、コピペメールを送ることです。

すべての人に当てはまるような文章をあらかじめ書いといて、いろいろな女性にコピペして送っても、中身がない文章になるので返信率が下がってしまいます。

自分に向けた情熱みたいなものが感じられないので、直感でわかるのです。

ほんの少しでもコピペメールだと思われたら、その女性から返信が来ることはないでしょう。

せっかくメールの文章を打ち込むのならきちんと相手の心に響いて返事がもらえるようなメールを送りましょう。

相手の名前を書く

相手の名前を呼ぶことで自分に対して親近感を感じてもらえるようになります。最初の3通くらいは相手の名前を出して距離を縮めるようにしましょう。

デメリットとして、相手の名前を書きすぎると不自然さがでて、狙っている感が出てしまうので注意が必要です。

質問をする

出会い系サイトに限った話ではありませんが、相手に気持ちよく話してもらうにはこちらからうまく質問をする必要があります。

そのためにも相手の興味がありそうな質問をたくさんしていくのですが、この質問を考えるのが意外と難しいのです。

以下の質問はだめなれいです。○○さんはフレンチ好きですか?

こちらの想定でいえば、この質問のあとに相手からパスタが好きです、という答えを引き出して今度いきましょうという流れを想定していると思います。

この会話の流れはよくある、ありきたりすぎるパターンで、あまり面白いと思ってもらえないような内容です。

女性側からしたら、こういったトークパターンは何十回もされているので、何のおもしろみもないのです。

いい質問文というのは自分の体験談を織り交ぜながら相手に質問をすることにより、イメージがわきやすいので、相手も興味をもってくれるのです。

文章量を相手と同じくらいにする

ファーストメールがおわって次のメールからになりますが、メールの文字数や送信の間隔は相手のペースに合わせると好感を持ってもらいやすいです。

例えば、相手が5行くらいのメールだったら、こちらも4,5行くらいのメールの文章量にすることにより、いい印象を抱いてもらいやすくなります。

他にも相手の返信スピードに合わせるというテクニックもあります。相手と同じくらいの返信スピードで返信することにより、一体感が生まれます。

ですが、文字数にしてもメールの返信ペースにしても相手に合わせすぎると狙っている感がでてしまうので、ほどほどにしましょう。

楽しい雰囲気の時にやりとりをやめる

お互いが飽きるまでメールをやりとりする人がいますが、あまりいいことではありません。

これはなぜかというと、楽しさのピークがすぎてしまったので、次のメールにつながりにくいからです。

誰でも最初のやりとりはすごく楽しくて新鮮なものですが、あまりやりとりをやりすぎてしまうと、話す内容もなくなってきて、飽きてきてしまいます。

マンネリ化を避けるためには、楽しいピークの時にあえてやりとりを中断するというテクニックがあります。

明日朝早く起きなきゃいけないとかもっともらしい理由を付けることにより、簡単に中断することができます。

直接やりとりできるようにする

出会い系サイト内でのメールは短期間で終わらせて、お互いのプライベートなアドレスでやりとりすることがテクニックです。

男性がメールの一通当たりに対してお金がかかっていることを知っているので、個人的なアドレスでやりとりしてくれやすいでしょう。

なので、この人とだったら仲を深めてもいいと思ってくれたら、直アドの交換もしてくれるでしょう。

何通もやりとりしているのに、直接やりとりに移行してくれないときは、あまり自分のことに心を許してくれてないということでしょう。

女性はそもそも出会い系サイトでの出会いに対して最初から不安感を感じながらやっているものです。

段々仲良くなれたら仲良くなりたいけど、すぐに会いたいすぐにあってくれなんていってくる男は下心しか見えないので不信感を抱かれてしまいます。

なので、じわじわと女性の距離を縮めて、心を開いてくれるのを待っていることが大切です。

以上のことを踏まえて女性とのメールをするだけでかなり女性に好印象を持ってもらいやすいです。

しかし、そこから返信率の高い女性だけに絞ることができれば、男性が送ったメールの返信率は高くなるでしょう。

主婦

女性大学生と主婦は返信率が高いのですが、それは以下にの理由によるものです。

女子大生は好奇心がたかいので、何でも経験してみようと思って返信率がたかいという結果に結びついています。

また、若い人は嫌な人間だと思われることを極端に嫌う傾向があるので、いい人間でいようとするため返信率が高いのです。

さらに主婦ですが、女性というのは何歳になってもちやほやされたいですし、異性から女性としてみてもらいたいという欲求があります。

ですが夫や家庭という存在によってちやほやされるという環境からは長年遠ざかっているため、ちょっと褒められるようなメールを送られるだけでとても嬉しく思ってくれるのです。

そもそも既婚者で旦那もいる主婦という存在が出会い系サイトに登録して利用している時点で異性をもとめているということなので、狙い目であるというのはすぐにわかります。

ログインが遅い時間帯の人

朝起きて夜に寝るという普通の生活の中で21時以降というのは非常にプライベートな時間帯だといえるでしょう。

好きなテレビや録画しておいた映画を見る人もいれば、ゲームをしたり、自分の趣味の時間に費やす時間帯です。

そんな完全にプライベートな時間を使える時間帯に出会い系サイトにログインしている女性ってどういう女性だと思いますか。

もちろん人それぞれの趣味嗜好はありますが、共通点としては真剣に出会いを探している女性ということがいえるでしょう。

そういう真剣に出会い系サイトを使ってくれている女性に対して、真剣なメールを送れば簡単に返信してくれるでしょう。

また人間の動物としての本能として、夜に行う行為は本能的になりやすいという、心理学もあります。

太陽がでていて、光がさんさんと輝いているときは理性がブレーキをかけてしまい安いですが、夜であれば、人間の本能的な部分が出てきやすいという側面があります。

以上のような理由から夜21時以降は、まさに男女のゴールデンタイムといっても過言ではないでしょう。

共通点があること

付いている職業が同じ業種だったり、出身地が同じだったりすると相手の返信率が高くなります。

住んでいた人にしかわからないような地域性の高い話をしたときに、もりあがったりしたら嬉しいですよね。

そして、それは出会い系のやりとりでも重要なテクニックなので、あなたと女性との間に共通点を見つけたら、このテクニックを使うチャンスです。

相手を思い通りに操るテクニック

出会い系サイトでのやりとりに限らず、自分の思い通りに相手との会話を誘導するテクニックはなかなか難しいと思います。

ですが、もしそれが簡単なテクニックですぐに実践できるテクニックだったら、あなたもすぐに実践したくなると思います。

相手の会話を誘導するテクニックのコツは、相手の会話のすべてに返しのパターンを準備しておくことです。

例えばメールの中で相手の名前を聞いたときに、相手がすぐに教えてくれるときと、不信感を抱いて教えてくれないときがあります。

このとき、教えてくれない女性に対して、起こったりテンパったりしてしまっては、相手の女性から信用してもらえません。

しかし、相手がどういう返信をしてきたとしても、思いつく限りのパターンをあらかじめ想定しておくことにより、余裕を持った返しをすることができます。

そうすることにより、相手がどんな返信をしてきたとしても、最終的に自分が導きたいところまで会話の内容をもってこられるはずです。

実はこのテクニックはビジネスなどでは頻繁に利用されているもので、営業マンなんかはマスターしています。

情熱が大切

上記までいろいろな男女の恋愛に関するテクニックを紹介してきましたが、あなたが身につけたいテクニックを身につけることができたでしょうか。

ただ、ここまでいろいろな情報を紹介しておいていうのはなんですが、純粋にあなたとお話がしたい!という強い思いがあれば相手に伝わるので返信率が上がります。

それはなぜか?女性と自分の相性も千差万別ですし、文章も多様なので、このパターンがいいなんていうのはないからです。

自分の体験談で、科学的な検証をしていないのですが、自分の情熱があれば、相手もそれに答えてくれて返信してもらいやすくなります。

ある程度仲良くなって、直アドでやりとりをするような段階になると、ある程度相手の女性をゲットしたというような気持ちが出てきて、ついつい横柄な胎動になりがちですが、最後まで態度に気をつけましょう。

直接のアドレスでやりとりをするようになったからといって、傲慢になって自信過剰なメールの文章をおくると嫌われてしまいがちですから、注意しましょう。

返信率の高いメールの書き方などは確かに存在しますが、理論ばかりを気にしていると、人間的な大切な部分がおろそかになりがちですから、謙虚な姿勢を貫きましょう。

出会い系でいろいろなテクニックよりも、本心からでてくる相手のことが好きという気持ちが何よりも大切です。

本心から出てくる相手のことを好きという気持ちだからこそ、相手に本当にあったときに楽しいひとときを過ごせると思います。

↑ PAGE TOP